最新情報更新日:
2024年03月04日
現在の情報登録:323
会員サイトの情報登録:2012

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年3月 >>
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2024-01-21 21:56:38
良い物件が無いと言われますが、隠れた優良物件がチラホラあったりします。

不動産投資と言えば、利回りが

良いほうが、イイに決まっています。

 

ひと昔前は、高利回り物件ばかりを追い求めている

人の事を「利回り星人」と呼んでいたり

自分自身で、言っている人もおりました。

 

仮に現金で買えれば、物件の利回りが

ダイレクトに収入になりますが

多くの方は、融資を使うと思います。

 

すると利回りが高くて、家賃収入が多くても

それを買う時の借入金利によって

キャッシュフローは変わってきます。

 

さらに金利が同じだとしても

借入期間によっても

実際の手残りが変わってきます。

 

この物件の利回りと、金融機関の

借入金利と、借入期間で返済比率

が変わってくる訳です。

 

このあたりを総合的に考えて

買う人が多いと思います。

 

一般的に返済比率は50%以下が

良いと言われていますが、私が過去に

静岡銀行で借りた時は65%ぐらいでした。

 

ちなみに当社の代表の新川は

アパートを6年ローンで買って

返済比率は100%と言っておりました。

 

ここまでは、買う時の話しです。

 

そして何年か持つと、売却する

時期が来まして、出口を迎えます。

 

売却して初めて利益が確定しますが、今までの

キャッシュフローと、いくらで買っていくらで売れたか?

これが決まった時、最終的な投資の利益が分かります。

 

ここからが、大事なポイントの話しとなります。

 

始めのうちはどうしても、賃貸経営している時の

キャッシュフローばかりに目が行きがちですが、実際には

売れる値段までを想定して買うのがお勧めです。

 

ちょっと難しいかも知れませんが、この視点で

市場の物件をみて見ると現在、皆さんが見過ごしている

物件の中にも隠れた「優良物件」がチラホラあったりします。

 

もちろん、あくまで想定なので

想定外の事が起こる場合もありますが・・・。
 

それでは、総合的な不動産投資の事は

クリスティ&富士企画まで。

 


 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。