最新情報更新日:
2022年08月19日
現在の情報登録:425
会員サイトの情報登録:2577

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

無料売却査定

不動産投資の売却は、不動産投資専門の会社にご相談ください。

不動産投資専門のクリスティの3つの強み

1不動産投資売買に関する長年蓄積されたノウハウがあります

スタンプアパートやマンションといった投資不動産は、一般的な土地や戸建などの実需用不動産の取引とは全くの別物と言えます。
理由は、投資不動産の場合には、建物の占有者となる入居者との契約内容の確認として、契約期間、更新状況、敷金の扱い、
また滞納の有無など調べることは多岐に渡りますが、売却時にはこれらの詳細内容をすべて調べる必要があります。
クリスティには、投資不動産専門の会社として、長年の経験より積み上げられたノウハウを用いて、売却時に必要な情報を調べ、
売買におけるトラブル発生させない努力をしております。

2不動産投資専門だからわかる融資に関するノウハウがあります

スタンプ一般的に戸建を購入する際には、住宅ローンを利用するケースが多いと思いますが、投資不動産の場合はどうでしょうか?
購入される方が家として住むわけではありませんので、当然ながら住宅ローンは使えません。
投資不動産を購入する際に使う融資は、アパートローンや不動産担保ローン、事業性融資となり、そのような融資を扱っている
金融機関も限られます。
投資不動産の売買には専門的な情報が必要とされるわけですが、逆にいえば融資の情報に精通していなければ、
物件をご紹介する際にも、どのような方にご紹介すれば良いのかも分かりません。
よって融資に関するノウハウも投資不動産の売却には必要不可欠な情報と言えます。

3約30,000人以上の自社会員様にに日々、物件の情報を公開しています

スタンプクリスティには創業以来、多くの方から不動産投資に関するお問い合わせを頂いており、自社会員様は現在約30,000人以上に達しています。 自社会員様には日々、投資物件のご提案をさせて頂いているわけですが、弊社でお預かりしたご売却希望の物件の約半数近くが自社内でご成約に至っています。
多くの売買の中で培われた不動産投資の取引に関するノウハウや、特殊な融資に関する情報等を駆使してお客様の大切な不動産の売却を成功に導きます。

不動産投資の売却は、ぜひ不動産投資専門のクリスティへご相談ください。

不動産投資 売却に関するQ&A

不動産のことでのご相談はお気軽にご相談ください。

Q1すぐに売却する予定がなくても、将来的には売却も備えて、相談などできますか?

スタンプお気軽にご相談ください。所有している物件がどれくらいで売買ができそうなのか、知っておくことは、不動産投資の中では大きな意味を持ちます。 ただ、融資状況などにより価格も刻々と変化するものですので、現在の価格が、将来的にも同じ価格で売却できるとは限りません。 ご相談は無料ですので、お気軽に何回でもご相談ください。

Q2アパートの一部の入居者が家賃を滞納していますが、売却できますか?

スタンプ投資物件の売買は、家賃の入金などの遅れなどはつきものですので、問題ありません。ただし、このしっかり滞納の状況などを把握せず売買することは、買主様とのトラブルになる原因にもなりますので、注意が必要です。最近での家賃保証会社の絡みを多くあり、権利関係が複雑化していますので、専門的な知識が必要です。

Q3過去に、事件や事故などが起きた物件でも売却は相談できますか?

スタンプ事件や事故があった物件に関しては、必ず事前に告知する義務がありますが、その告知さえしっかりすれば、問題なく売買をすることができます。なんでもご相談ください。

Q4今年で築30年経過する木造アパートでも、売却はできますか?

スタンプ全く問題ありません。弊社で取引される約半数は築30年位の物件です。確かに融資が使いづらい側面がありますが、専門的な金融機関とのお付き合いの中で融資を利用した売買を行っています。

Q5駅からかなり距離がある物件でも、売却は可能でしょうか?

スタンプ全く問題ありません。駅から遠い物件でも、多く売買をしております。また弊社で管理をしている物件も約35%が駅から15分以上の距離がある物件になりますが入居率も95%以上を確保しており、問題ありません。

Q6空室が多い物件でも売却は大丈夫?

スタンプ空室が多い物件に関しては、満室の物件よりは、当然、売却は難しいです。もし空室でお困りの方が居ましたら、まずは弊社で管理をしてみてはいかがでしょうか?
弊社管理の強みは、入居率の高さにあります。入居率を上げてから、売却することで、高い価格で売却できる可能性があります。

Q7 専属専任媒介、専任媒介、一般媒介がありますが、どれを選択すれば良いのでしょか?

不動産の売却を考える際に、一般の方が取られる方法として、多くの業者に依頼をして、 より多くの方の目に触れる方が売れやすいと思っていることがあるのですが、投資用不動産に限っては少なからずそうとも言えません。
それは、売却の情報が出回れば出回るほど、情報の希少性が失われることにあります。弊社はできる限り、その希少性を損なわず、売買できることを考えております。よって、可能であれば、専任媒介契約の方が、弊社としてはおすすめです。