最新情報更新日:
2024年06月15日
現在の情報登録:312
会員サイトの情報登録:2005

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年6月 >>
4
5
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2023-10-30 18:49:25
昔は敬遠されていた収益物件でも、今となっては。

収益物件の売れ筋も

時代によって、移り変わりがあります。

 

例えば、私がこの業界に入った

十数年前は、室内で人が亡くなった物件は

相場より2割ぐらい下げないと売れませんでした。

 

例えば、何もなければ2000万円で

売れるアパートだとすると1600万円前後に

しないと売れないとか。

 

でも金融機関の融資としては

亡くなっていても、亡くなっていなくても融資の

評価は、まったく同じでした。

 

 

そして現在では、微妙に違っていまして

亡くなっている物件でも、あまり価格は

下げずに売れていたりします。

 

逆に金融機関の融資は、亡くなっていると

融資の評価が下がるケースもあったり。

 

ある時期では、お墓が前にある物件は

敬遠されて、それが理由で売れない事が多かったです。

 

しかし今では、あまりお墓が理由で

売れないケースは聞かなくなりました。

 

さらに最近の傾向としては、自然災害が多いので

特に川の近くや低い土地に建っている

物件は敬遠される事が多いです。

 

でも、かといって「高台なら良いか」と言うと

そうでもなくて、ガケ地や擁壁物件だと、敬遠する人もおりますし

そもそも金融機関が、融資をしないケースもあります。

 

 このように時代によって、売れる物件は

移り変わって来ております。

 

変わらないのは、いつの時代でも

良い物件は、売れるのが早い事です。

 

それでは収益物件の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 


 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。