最新情報更新日:
2024年06月15日
現在の情報登録:312
会員サイトの情報登録:2005

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年6月 >>
4
5
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2023-10-29 10:42:55
中古の収益物件を買う時、よく聞かれる事と言えば。

当社は中古の1棟マンションや

1棟アパートをメインに仲介しております。

それも30年ぐらい経っている物件が多いです。

 

すると物件のお問合せを頂いた

お客様から、よく聞かれる事は

過去の修繕履歴です。

 

これがシッカリ出て来る物件なら

良いのですが実際には、現所有者が

過去に修繕を全くやっていない、とか。

 

所有期間が5、6年の場合

外観に関しては、何もやっていない事が多く

室内は、退去時の簡易的な原状回復のみ。

 

なんて事が多い気がします。

 

そして次のケースとしては、自分はやっていないけど

「前の所有者が、やったらしい」と言う

あいまいな情報です。

 

これも、修繕を全くやっていないよりはマシですが

不確定な情報であり、信じて良いのか、悪いのか?

困ってしまいます。

 

また別のケースとしては、現所有者が昔に実施したけど

どこを修繕したか、あまり覚えていないとか

見積書などを紛失して、費用や詳細が分からない。

 

買う人からしてみると、すごく重要な事なんですけど

売る人からしてみると、あまり重要でなかったり。

 

長年、賃貸経営をしていると慣れてきて

あまり気にならなくなって

しまうのかも知れませんね。

 

このように中古の収益物件を買う時は

意外と修繕履歴が出て来ない事が多いです。

 

これが気になる人は

その辺が、しっかりしている売主さんから買うとか

不動産業者が売主の物件を買うのがお勧めです。

 

それでは中古の収益物件の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 


 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。