最新情報更新日:
2024年06月23日
現在の情報登録:326
会員サイトの情報登録:2079

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年6月 >>
4
5
11
12
18
19
24
25
26
27
28
29
30

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2024-05-19 17:16:42
投資物件を現金で買う人の共通点は、こんな感じでした。

当社で投資物件を買うお客様の

ほとんどは、ローンを使います。

 

それも出来るだけ

「たくさん借りたい」

と言う場合が多いです。

 

その理由としては、現金を出来るだけ

使わず、融資を使って

買えるところまで、買い進めたい。

 

こんな考えがあると思います。

 

または、何かあった時のために

現金は取っておきたい。

など、こんな感じでしょうか。

 

でも少数派ですが、基本的に

現金でしか物件を

買わないお客様もおります。

 

そして、そのお客様には

ある共通の特徴があります。

 

これは、あくまで過去に

私が出会ったお客様に限りますが

「日取り」を気にする事です。

 

売買契約や決済は基本的に

「大安」を希望してきます。

 

でも、不動産取引は売主さんと

買主さんの日程調整が必要です。

 

そのため「大安」の日で、お互いの都合が

付かない時は、先勝の午前中にするとか

先負の午後にするなど。

 

だいたい、こんな感じで調整が

付くのですが、間違っても「仏滅」に

行う事は無かったです。

 

この日取りを選べるのは、お金と時間の

余裕があるから出来る事であり

その余裕がない人は、なかなか選べません。

 

私も自分で、投資物件の売り買いを

して来ましたが今まで、日取りを

気にした事はありません。

 

この現象を見て

「お金と時間の余裕があるから、日取りを選べる」

と考えるのか。

 

逆に

「日取りを気にして生きて来たから、お金と時間の余裕がある」

と考えるのか。

 

どっちが事実なのか、分かりませんが

「原因と結果の法則」みたいなものですかね。

 

それでは、投資物件の購入なら

融資でも現金でも大歓迎の

クリスティ&富士企画まで。

 

 

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。