最新情報更新日:
2024年05月28日
現在の情報登録:320
会員サイトの情報登録:2108

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年5月 >>
1
2
3
4
5
7
8
14
15
21
22
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2024-4-15の記事  次の記事

1/1ページ 

2024-04-15 05:50:14

ここ数年、収益物件の価格は高いです。

 

これはもともと、平成25年の

アベノミクスの金融緩和から始まり

不動産投資をやる人が、増えたのが原因です。

 

その影響で、融資が非常に良くなり

急激に収益物件の価格が上がりました。

 

おそらく、それ以前と、それ以後では

そうとう売却価格が違います。

 

例えば当時、あるエリアでは

利回り15%ないと売れなかった物件が

アベノミクスの影響で、利回り10%で売れたりしました。

 

家賃年収300万円なら

2000万円まで下げて、やっと売れていた物件が

3000万円に値上げして、売れるようになったのです。

 

この流れが5年続きましたが、平成30年ごろ

「かぼちゃの馬車」の問題で、融資が出なくなり

一時的に価格が下がりました。

 

このまま下がり始めるかと思いきや

現在も、高い位置で推移しております。

 

この流れで高く売れるなら「売りたい!」と

言ってくるお客様がかなり多いです。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

ネットには、たくさん高い物件が

掲載されておりますが、実際には

あのような高い価格では売れてません。

 

おそらく高い価格で掲載されている

物件の動きは無いので、ネットには

いつも同じように載ってます。

 

実際に売れてるのは、今の売却相場に

合った物件か、高く出していても交渉で

相場の価格まで下がった物件です。

 

それに当時は、良い相場で買えていたとしても

買い替えようとして売る物件と、同じような利回りや

同じ融資条件で、買うのは難しいです。

 

そのあたりを踏まえて

売却に出す事をおススメします。

 

本音を言えば、不動産屋として

売却してくれたほうが、ありがたいですが・・・。

 

それでは、収益物件の売却なら

過去の長い歴史を知っている

クリスティ&富士企画まで。

 

 

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。


1/1ページ