最新情報更新日:
2024年07月18日
現在の情報登録:355
会員サイトの情報登録:2140

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2020年2月 >>
4
5
11
12
18
19
25
26

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の月 月間アーカイブ:2020年2月  次の月

1/3ページ 次ページ

2020-02-29 00:00:00

今度の月曜から臨時休業になる学校が多いと思います。

この影響により、各方面で色々な問題が起きております。

 

例えば、小さい子供のいる共働きの夫婦は

子供をどこに預ければいいのか?

仕事を休めるのか?

収入が減ってしまうのではないか?

など。

 

また給食が1ヶ月も、はやく終了となるため

関係業者の在庫はどうなってしまうのか。

 

野菜や牛乳をおろしている業者さんは

在庫をどう処理すればいいのか?

 

あとここ数日、ティッシュやトイレットペーパーが

無くなると言う情報が出回り

マスクのように、一気に物がなくなりました。

 

 

ためしに何件か、スーパーを見てみましたが

本当になくなっていました。

 

 

この状況で感じる事は、良くも悪くも

情報のチカラはスゴイ事です。

 

そして、早くこの情報を察知すれば

無くなる前に買っておける訳なので

早くて正確な情報を、手に入れる事が重要になってきます。

 

これは不動産投資の物件情報も同じです。

物件情報はまず、不動産会社に入ってきます。

 

例えば、クリスティの場合だとある営業マンが

良い物件情報を入手した時に、1番最初に情報が行くのは

その営業マンと、会った事があるお客様です。

 

次に情報が行くのは、メールやラインのお客様です。

そして最後に情報が出て来るのが、ポータルサイトとなります。

 

良い物件情報は、ポータルサイトに掲載される前に

決まってしまう事も多々あります。

 

このような流れとなっておりますので

良い不動産情報を、早く欲しいお客様は

ぜひ来社相談をご利用ください。

 

 

それでは不動産投資の事ならクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-28 00:00:00

いつもありがとうございます。

店長の近藤です。

 

私はクリスティに入社して13年になります。

13年もいるおかげで、お客様からの質問は

だいたい、答えられるようになりました。

 

しかし、入社したばかりの頃は分からない事だらけなので

上司に聞いたり、本で調べたり、ネットで検索したり

税務署に聞いたりしていました。

 

 

お客様には

「わからないので、確認してご連絡します」

の繰り返しです。

 

こんな事をやっていると、お客様が

いつも同じような質問をしてくるのが分かります。

 

例えば、物件に関する事で

・売主さんの販売理由はなにか?

・修繕履歴はあるか?

・ランニングコストは、どれくらいかかるのか?

 

このへんは事前に確認しておけば

カンタンに答えられます。

 

次に税金に関する事で

・土地と建物の内訳は、どうすればいいのか?

・建物の消費税はどうなるのか?

・法人と個人はどっちが節税できるのか?

 

このあたりは、すぐに答えられず

確認に時間がかかるケースが多いです。

 

そして、答えるのが難しいのは

擁壁(ようへき)に関する質問です。

 

 

上が一般的な擁壁です。

 

写真のような擁壁であれば、頑丈に出来ていて

おそらく何の問題もないと思います。

 

しかし築30年ぐらいの物件に、建っている擁壁だと

・安全性はどうなのか?

・建て替える時は、この擁壁はどうなるのか?

・擁壁を作り直す事になったら、いくらぐらいかかるのか?

 

など、答えるに困ってしまいます。

いわゆる超難問です。

 

こんな理由で、擁壁がある傾斜地の物件が

苦手な営業マンもおります。

 

でもクリスティ&富士企画なら

不動産投資専門なので超難問でも

おそらく答える事ができます。

 

それでは不動産投資の事ならクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-27 00:00:00

新型コロナウイルスの影響で

とうとう、全国の公立小中高が休校になりそうです。

 

ヤフーニュースによると

3月2日から、春休みが明けるまで

臨時休校を要請すると、安倍総理が表明したそうです。

 

これにはビックリしました。

 

たまたまですが、本日ある銀行が

コロナウイルス拡散防止のため

しばらくテレワークになると、連絡がありました。

 

確かに最近は、このニュースばかりで

お店でマスクを売っているのを、見た事がありません。

 

いつもはあまり気にしない、私でも

会社ではアルコールティッシュを使っています。

 

 

 

ところで、小学校が休みなると

どうなってしまうのか?

 

やはり気になるのは、小学校低学年の

お子様がいる、ママさんではないでしょうか。

 

もし、日中働きに出ていたら仕事を休む事になるでしょう。

そうすると、世帯収入が減ってしまいます。

 

これは痛いです。

 

こんな事なら

「はやく収益物件を買っていれば良かった!」

と思うかもしれません。

 

または、そうは思わなくてもやはり今の時代

このように何が起こるか分からないので

何かしらの、資産運用は必要です。

 

会社の給料だけでは、心配です。

 

そこで、さっきの話に戻りますが

こんな時こそ、資産運用の手段として

不動産投資を始めてはいかがでしょうか。

 

今から収益物件を探し始めれば

早い人で、4月ぐらいから家賃収入が入ります。

 

そんな訳で、不動産投資の事ならクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-24 00:00:00

不動産投資は、物件を買わないと始まりません。

ですので、購入する事に全力を使いがちです。

 

しかし、買う物件も重要ですが

買ってからの賃貸経営も重要です。

 

通常、収益物件を購入する時は

販売図面に書いてある家賃で、収益を想定します。

 

そして、家賃は入れ替わるごとに

下がっていくのが一般的です。

 

でもオーナーさんによっては、買う前より

買った後の方が収入アップする人もおります。

 

どんな方法でアップしているかと言いますと

例えば、自動販売機です。

 

 

収益物件の立地にも左右されますが

月に数千円のアップは、よくあります。

 

次のアイデアとしては、家電のレンタルです。

 

 

リサイクルショップなどで

中古の家電を買ってきて、1個につき月額300円

ぐらいで貸しているオーナーさんもおりました。

 

例えば

テレビ、電子レンジ、洗濯機で900円です。

10部屋あれば、何人かは借りてくれるので

これでも毎月数千円アップします。

 

あとは、家具や家電を始めから設置したり

入居時の初期費用を極力安くして

家賃は高めにしたりするケースもあります。

 

このように、色々な工夫によって

収入を上げていきます。

 

月々で考えれば、わずかなアップですが

これが売却する時に効いてきます。

 

売却時は想定利回りで、値段が決まるので

この積み重ねで、数十万円から数百万円の差が出る訳です。

 

ですので皆さま、コツコツ収入アップを頑張りましょう。

 

それでは収益物件の事ならクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-23 00:00:00

先日、東京スカイツリーの

近くに行って来ました。

 

ここの展望台からの景色は最高で

特に朝イチが、おススメです。

 

 

さて、なぜ東京スカイツリーの

近くに行ったかと言いますと

売却依頼の物件の下見です。

 

クリスティ&富士企画には

たくさんの売却の依頼が来るので、各営業マンが

いくつも売却物件を、かかえております。

 

そして、時間がある時に現地確認をします。

 

現地確認では

・物件の写真を撮ったり

・共用部の廊下を歩いて、不具合がないか見たり

・消火器があるか、エレベータ点検はしているか

などなど。

 

いろいろ、チェックします。

 

物件の周辺もチェックする訳ですが

今回は近くに、こんな標識がありました。

 

 

「海抜 0.9m」

なんだ、約1mか?

と思いきや「0.9m」の前に「-」が付いています。

 

そうです。

「0.9m」ではなく「-0.9m」だったのです。

 

会社に戻って、墨田区のホームページを見てみると

全体的に低い場所が多かったです。

 

低いと言えば、やはり気になるのは水害です。

 

墨田区のように、街中で海抜の標識を見ることは

あまりありませんが、昨年の台風の影響で

近くに川があるかや、ハザードマップを気にする人が増えております。

 

私は仕事がら、もともと気にしていましたが

最近では、さらに気にするようになりました。

 

でも低い場所であっても、お買い得な物件は

結局、売れていきます。

 

つまり、そのリスクを踏まえても

割安なのか、割高なのかが問題なのです。

 

どの収益物件にも必ず、リスクやデメリットはあります。

ですので総合的に判断して、決めるのが良いと思います。

 

それでは収益物件の事ならクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-22 00:00:00

いつもありがとうございます。

店長の近藤です。

 

数日の前の告知通り、本日から

クリスティ&富士企画で

お問合せの対応をしております。

 

会社のロゴはこんな感じです。

 

 

業務連携の話が出た時、会社名を変更するか?

そのままか?

どうするのか?

自分なりに想像してみました。

 

まず1つ目は、今回採用された

「不動産投資のクリスティ&富士企画」です。

これが1番、無難な感じがします。

 

次は富士企画を前にして

「不動産投資の富士スティ」です。

 

スピーディーな感じがして

なかなか、良いです。

 

そして最後はクリスティを前に持ってきた

「不動産投資のクリ企画」です。

 

「クリ」の部分がカワイイ感じで

さらに、ちょっと怪しい感じもあり

私はこれがイチオシでした。

 

でもためしに「富士スティの近藤です。」や

「クリ企画の近藤です。」と言ってみたものの

やっぱりしっくりこないので「クリスティ&富士企画」が良い気がします。

 

 

あと問題はクリスティが前か

富士企画が前かです。

 

つまり「クリスティ&富士企画」か

「富士企画&クリスティ」かです。

 

でもこれは、あっさりと

「クリスティ&富士企画」に決まりました。

 

クリスティを前にしたのは、富士企画より

歴史が長いからです。

 

こんなイキサツがあり、本日の令和2年2月22日に

無事に業務連携をスタートしましたので

今後の「クリスティ&富士企画」にご期待ください。

 

それでは、不動産投資のことならクリスティ&富士企画まで。

ご希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-21 00:00:00

まずは下の言葉をご覧ください。

 

・マックス

・エベレータ

・チッキン

・バンコーソー

・パコソン

・ノアパラ

 

 

これは私の娘が、幼稚園に行っている時に使っていた言葉です。

いったい何をさしているかわかりますか?

 

答えはこれです。

 

 

マックス → マスク

 

 

エベレータ → エレベータ

 

そしてチッキンは「キッチン」で

バンコーソーは「バンソウコウ」で

パコソンは「パソコン」で

ノアパラは「パノラマ」の事でした。

 

これは自分の娘だけが、間違って使っているのかと

思っていましたが、近所のスーパーにいた子供が

エレベータの事を「エベレータ」と言っておりました。

 

みんな同じような、間違いをするんですね。

この時は少し笑えました。

 

このように子供の間違いは、なにを指しているか

分かりやすいですが、不動産の専門用語は

分かりにくいのが多いです。

 

例えば

・シキエン

・ニンバイ

・キンショウ

などなど。

 

この中で、シキエンは敷地延長で

ニンバイは任意売却、キンショウは金銭消費貸借契約です。

 

これ以外にも、タナコ、サシネ、カシ、ジュウセツ、バイケイなど。

専門用語やら、短縮形やら色々あります。

 

さらに全額融資で物件を買う事を

「マルガリータ」と言っている業者さんもおりました。

 

専門用語もいいですが、できれば

お客様が分かりやすい言葉で話したいと思います。

 

それでは、分かりやすい投資相談ならクリスティまで。

 

ご希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-20 00:00:00

先日、東武東上線の「上福岡駅」に行ってきました。

 

 

なぜ行ったかと言いますと、売却依頼を

頂いた物件の、現地確認です。

 

 

私がクリスティに入社した頃、上福岡駅には

非常に多くの、売り物件がありましたので

しょっちゅう物件案内に来ておりました。

 

利回りも10%以上がいっぱいありました。

でも今では10%超える物件は、ほとんどありません。

 

こう考えると、相場が上がったのだと思います。

 

上がるエリアがあれば

一方では、相場が下がっているエリアもあります。

それは北関東エリアです。

 

3,4年前なら、築30年の物件でも

利回りで12%前後あれば売れましたが

今では15%あっても、売れない事もあります。

 

このように、相場が上がったり下がったりしますが

変動の1番の理由は、融資状況です。

 

最近で言えば、平成25年ごろからの

アベノミクスの金融緩和で、融資が出るようになり

どこのエリアも収益物件の相場が上がりました。

 

そして、平成30年のかぼちゃの馬車の問題で

どこのエリアも融資が出なくなりました。

 

このあたりは、ご存知の方も多いと思います。

 

しかし、このような融資状況の変化があっても

あまり収益物件の相場が、変わらないエリアもあります。

 

例えば、私が取引した物件で

ピンポイントで言いますと、千葉県の新松戸駅です。

 

ここは今も昔も、築30年前後なら

利回りが9%から10%で決まる事が多いです。

 

あと埼玉県の春日部駅です。

ここも新松戸と同じように、ここ10年ぐらい

相場の変動が比較的少ないエリアです。

 

この2つの駅以外にも、このようなエリアはありますので

相場変動を気にする方は、クリスティまでご相談ください。

 

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-17 00:00:00

本日は皆さまにお知らせがございます。

 

大宮にあるクリスティと

四ツ谷にある富士企画はグループ会社である事は

ご存知の方も多いと思います。

 

 

 

社長はどちらの会社も、新川義忠です。

 

 

グループ会社だけにホームページも、けっこう似ている訳ですが

この度「富士企画株式会社」と「株式会社クリスティ」は

業務を連携する運びとまりました。

 

この業務連携により

より迅速な対応、サービス品質の向上を目指します。

 

業務連携に伴う変更点については

下記の通りとなます。

 

変更日:令和2年2月22日より

 

変更点

・各社の保有するお客様情報の共有

・各社に対するお問合せを連携して対応

 

この連携により、下記のメリットを狙いとしております。

・より多くの情報をお届けします。

・より早く情報をお届けします。

・より質の高い提案を致します。

 

今までは物件情報などの共有のみでしたが

これから本格的に営業部が一体となる事となります。

 

今後セミナーやイベントについても合体したパターンも

企画していきたいと意気込んでおりますので

今後とも富士企画株式会社、株式会社クリスティを宜しくお願い致します。

 

 

それでは不動産投資の事ならクリスティまで

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


2020-02-16 00:00:00

先日、久しぶりに栃木県の

宇都宮市に行ってきました。

 

 

なぜ行ったかと言いますと

収益物件のご案内です。

 

久しぶりでしたが、駅前の雰囲気は特に

変化がないような気がします。

 

 

 

 

しかし、今回の物件がある

駅から車で20分ぐらいの場所は、以前より

お店が増えていて、にぎやかになっておりました。

 

たまに来ると、このように変化が分かるので

この仕事をやるからには、いつになっても

定期的に、現地調査の必要性を感じます。

 

 

そして、宇都宮の収益物件の後に

今度は千葉県松戸市の物件案内に行きました。

 

松戸について、宇都宮から来た事をお客様に話すと

「そんなに移動して、大変ですね!」と言われます。

 

たしかに、普通のお客様ならそう思うと

思いますが私どもの場合は、よくある事です。

 

ひと昔前は、朝の10時に

埼玉県の草加駅で待ち合わせをして

千葉県八千代市の物件を見て

次に茨城県龍ヶ崎市により

最後は群馬県渋川市の物件を見る。

 

なんて事もやっていました。

 

終わる頃には夜の8時ぐらいで

当然、まわりは真っ暗です。

 

ちなみに、この頃の1日の

平均走行距離は100Kmぐらいで

年間で30000Kmぐらいです。

 

車は数年で、ボロボロです。

でもなぜ、ここまでやっているのか?

 

それは、お客様に少しでも良い物件を買って頂きたいので

それなら気になるものは、全部見て欲しいと言う想いからです。

ですので、必然的に移動距離がスゴイ事になります。

 

 

それでは、良い収益物件が買いたい方は

移動距離のスゴイ、クリスティまでお問合せください。

 

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。


1/3ページ 次ページ