最新情報更新日:
2024年05月28日
現在の情報登録:320
会員サイトの情報登録:2108

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2021年10月 >>
5
6
12
13
19
20
26
27

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2021-9-5の記事  次の記事

1/1ページ 

2021-09-05 00:00:00

9月に入ってから雨の日が続いておりますが

皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

 

例年ですと、このまま涼しくなる事は考えにくく

また、暑い日が戻ってくると思いますが

暑くなると、涼しい日が恋しくなります。

 

まったく人間は、自分勝手ですね。

 

さて、今回は雨の日に収益物件を見る時の

チェックポイントについてです。

 

私としては、晴れた日の日中に見るのが

好きですが仕事がら、雨の日も現地案内をしております。

 

まずそんな時に気にするのは、2階の廊下部分です。

古いアパートは廊下の排水ドレンが土や葉っぱなどで

詰まっていて、廊下に水たまりができている事があります。

 

こんな時は要注意!です。

 

水たまりができていると、その水は

どこかを通って、下にしみ出してきます。

 

そして、ずっと放置されていると

水の通った部分の木がもろくなってきて

いずれは腐ってしまいます。

 

さらに、そんな状態を放置していると

今度はシロアリが発生したりします。

 

室内ではなく、共用部分なので

まだマシかもしれませんが、そのシロアリが

室内の方にも浸食してくる事もあります。

 

こんな事がありますので

雨の日の廊下は要チェックです

 

あと見るのは前面の道路です。

 

これも廊下と同じですが、水が溜まっていないか?

水たまりが無いとしても、周辺と比べて低く無いか?

 

弱い雨の時は分かりませんが、ゲリラ豪雨などが

降ると、道路冠水する事もあります。

 



 

ですので、現地を見て低そうだったら

所轄の役所にて、ハザードマップや

水害の履歴を調べる事をお勧めします。

 

以上、1人で現地を見る時は参考にしてみて下さい。

 

それでは不動産投資の事なら、クリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

なお、こんなご時世なのでオンライン相談も対応しております。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに

「来社相談希望、または、オンライン相談希望」と入力して下さい。


1/1ページ