最新情報更新日:
2024年05月28日
現在の情報登録:320
会員サイトの情報登録:2108

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2021年10月 >>
5
6
12
13
19
20
26
27

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2021-9-24の記事  次の記事

1/1ページ 

2021-09-24 00:00:00

当社は築古の収益物件を多く扱っております。

エリアは関東の1都6県がメインですが

東京は利回りが低いので、少な目です。

 

会社は埼玉県なので、埼玉の物件が多いと

思われがちですが、千葉のほうがたぶん多いです。

 

 

ところで、普通に考えると築古の物件より

新築の物件のほうが、良いような気がしますが

築古にも、いろんなメリットがあります。

 

例えば同じ場所でも、築古物件は

・新築より安い

・新築より土地が大きい

・新築より家賃の下落が少ない

・新築より利回りが高い

などです。

 

これらの理由から、比較的低い価格でも

1棟アパートや1棟マンションが購入できます。

 

価格が低いと言う事は

・買える人が多い

・融資が出やすい

・売却もしやすい

などが考えられます。

 

このため、不動産投資を初めて

やる人には非常に適していると思います。

 

しかし、デメリットもあります。

それは新築より

・修繕費がかかる

・入居付けで苦労する

・滞納者する人が多い

このような事が考えられます。

 

ですので、築古の収益物件を買う時はまず

・外観や修繕履歴をチェックして

・不動産会社に入居付けをヒヤリングして

・入居者の属性、過去の滞納歴、保証会社加入の有無

などを確認する必要があります。

 

これで問題なければ、とりあえずOKだと思います。

 

もちろん新築は築古と正反対で

・しばらく修繕がいらない

・入居が付きやすい

・滞納する人が少ない

などのメリットがあります。

 

ですので、築古にするか新築にするかは

あくまでも個人の好みや資産状況で、選ぶのが良いと思います。

それでは、収益物件の事ならクリスティ&富士企画まで。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

なお、こんなご時世なのでオンライン相談も対応しております。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

相談内容のところに

「来社相談希望、または、オンライン相談希望」と入力して下さい。


1/1ページ