最新情報更新日:
2024年07月20日
現在の情報登録:356
会員サイトの情報登録:2156

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2022年1月 >>
1
2
3
4
5
11
12
18
19
25
26

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2021-12-20の記事  次の記事

1/1ページ 

2021-12-20 00:00:00

私がこの業界に入ったのは2009年7月です。

この頃は、三井住友銀行のフルローンや

オーバーローンの全盛期でした。

 

またそのほかの金融機関も

同じように、フルローンを出しておりました。

 

積算評価が売買価格と同じで

利回りが10%前後のRC物件が

売りに出ると、すぐ売れました。

 

だいたい1つの物件に3件から

5件ぐらい買付が入ります。

 

もちろんお客様は、現地など見ていないので

営業マンは電話口で、買付をもらう訳です。

 

そしてその年の12月、急に三井住友銀行が

フルローンをやらなくなりました。

その影響で、解約になった話が多くあります。

 

これに追随して、ほかの金融機関も

フルローンをやらなくなりました。

 

その後、スルガ銀行にお客様が集中するようになり

金利4.5%の9割融資で物件を買うのが主流になりました。

 

金利こそ高いですが、当時は

千葉県の松戸市、柏市、流山市など

埼玉県だと、さいたま市、ふじみ野市、春日部市など

神奈川県だと、横浜市、横須賀市、相模原市など

利回り12%以上ある物件がよく売りにでました。

 

そのため、金利4.5%でも収支が成り立つ訳です。

 

このエリア以外にも、さらに郊外では

利回り15%から20%ぐらいの物件がよく売っておりました。

 

今と比べれば、かなりの高利回りです。

 

でもこの頃、郊外の物件の融資をする金融機関は

ほとんど無かったので、高利回りで満室だったとしても

ずっと売れ残っておりました。

 

 

 

日本政策金融公庫もアパート融資を

ほとんどやっていなかったので

現金で買える人だけが、買っておりました。

 

そう考えると、今は昔に比べて融資する

金融機関がとても多く感じます。

また金利もすごく低いです。

 

どっちが良いかは人、それぞれですが

このあたりが、今と昔の違いです。

 

それでは不動産投資の事なら

クリスティ&富士企画までご相談ください。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「来社相談希望」と入力して下さい。


1/1ページ