最新情報更新日:
2024年06月23日
現在の情報登録:326
会員サイトの情報登録:2079

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2022年6月 >>
1
7
8
14
15
21
22
28
29

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2022-5-19の記事  次の記事

1/1ページ 

2022-05-19 13:24:59

最近、同業者の方とお話しをしていると

「良い物件が無い」とか「良い物件が少ない」

と言う事をよく聞きます。

 

しかし、実際に業者専門の不動産サイト(レインズ)に

出ている物件をくまなく探していると、意外と良い物件が

売れ残っていたりします。

 

一般的には、お客様も不動産業者も

最新の情報の良い物件情報を探している事が多いです。

 

でも売りに出てから、少し時間がたった物件でも

良いものは結構あります。

 

その物件を、ある営業マンが紹介したり

当社でメールの一斉配信をすると

急に買付(購入申込)が殺到する事があります。

 

つまり、良い物件と言うのは常にある訳ですが

ネットに載っていても埋もれていて

気づかない事が多いのだと思います。

 

この傾向は一般の収益物件を探している

お客様もそうですが、プロの不動産営業も同じです。

 

それに良い物件と言うのは

お客様によって違ってきます。

 

あるお客様には凄く良い物件でも

他のお客さまには、そうでも無い事がよくあります。

 

この原因はお客様の資産状況によるものが大きいですが

簡単に言いますと、融資条件の差です。

 

ですので、良い物件か、悪い物件かは

現金のお客様で無い限りは

融資付けの問題となります。

 

つまり融資が付けば良い物件で

融資が付かなければ、悪いと言いますか

売れ残る傾向にあります。

 

でも一般の方は、どの物件に

どんな融資が付くか分からないと思います。

 

または、自分にはどこの金融機関で融資が組めるのか

分からないと思います。

 

そんな方は、ぜひクリスティ&富士企画にご相談ください。

きっとお役に立てる思います。

 

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームから

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに「投資相談を希望」と入力して下さい。


1/1ページ