最新情報更新日:
2024年06月23日
現在の情報登録:326
会員サイトの情報登録:2079

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2022年7月 >>
1
2
5
6
12
13
19
20
26
27

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2022-6-11の記事  次の記事

1/1ページ 

2022-06-11 22:13:02

不動産投資で収益物件を買ったなら

いつかは売却すると思います。

 

それが

・減価償却が終わった時なのか

・まる5年が経って長期譲渡になった時なのか

・物件の価格が上昇している時なのか

 

またはずっと売らずに

子供に相続するのか?

 

人それぞれだと思います。

 

この中で私が売却を依頼されるのは

5年以上経って、長期譲渡のタイミングが多いです。

 

一般的に保有して5年未満で

売却して利益が出ると約40%の税金を

翌年に払う事になります。

 

これに対して5年以上経っていれば

利益に対して約20%で済みます。

 

ちなみに5年とは購入して1番最初に来た

1月1日から数えますので、正確には

買った日から5年ではありません。

 

このあたりはご注意下さい。

 

さて短期譲渡で40%、長期譲渡で20%

と言う事を、ご存じの人は多いと思います。

 

このため4年で売るよりは

5年で売った方が良いと考えます。

これは当然です。

 

しかし、ちょっと待って下さい。

実際はそうでない事もあります。

 

それは物件価格が上昇している時です。

 

例を上げれば平成25年から30年までの

5年間はアベノミクスの金融緩和で

融資が出やすくなり、物件価格が急上昇しました。

 

この時に売却した人は高く売れたと思います。

 

しかしこの時、まだ5年経っていないから

売却を待った人もいたと思います。

 

その後どうなったかと言いますと

不正融資の問題などで、融資が厳しくなり

物件が売れない時期が訪れました。

 

もちろん逆のパターンもありますが

長期譲渡、短期譲渡だけでなく

総合的に考えて売るのが良いと思います。

 

それでは収益物件の売却の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「売却相談希望」と入力して下さい。


1/1ページ