最新情報更新日:
2024年05月28日
現在の情報登録:320
会員サイトの情報登録:2108

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年4月 >>
2
3
9
10
16
17
24
27
28
29
30

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の記事 2024-3-22の記事  次の記事

1/1ページ 

2024-03-22 06:31:24

収益物件を買う時に

アパートローンを組む人が多いと思います。

 

そのため、多くの売買契約では

融資が通らなかった場合

契約の解除できる、特約を付けます。

 

これを

「融資特約付き契約」とか

「解除特約付き契約」と言います。

 

そして、その特約をどの段階まで

付けるかですが、それは融資の本承認が

取れると思われる時期までとなります。

 

一般的な融資の流れとしては

まずは、金融機関に物件情報と

お客様情報を送ります。

 

物件情報は

販売図面、レントロール、謄本関係で

 

お客様情報は

プロフィールシートを出すケースが多いです。

 

これで行けそうであれば

さらに詳しい、お客様の属性資料として

年収、自己資金、既存借入の資料を出します。

 

これを持って、さらに具体的な審査に入り

OKであれば「本承認」となる訳ですが

実際はまだ、本承認ではありません。

 

このあと、お客様と金融機関との

融資契約があるのですが、最後に

「団体信用生命保険」の審査があります。

 

いわゆる「だんしん」です。

 

多くの金融機関では

「だんしん」に加入できる事が

融資条件に付いてきます。

 

つまり過去に、病気やケガなどがあると

これに入れないケースがあり

そうなると融資は「否決」となります。

 

これをクリアして、初めて

「本承認」となる訳です。

 

「だんしん」までが審査ですので

最後まで気を抜かぬよう

くれぐれも、ご注意ください。

 

それでは不動産投資の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。


1/1ページ