最新情報更新日:
2024年07月20日
現在の情報登録:356
会員サイトの情報登録:2159

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年7月 >>
2
3
9
10
13
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2017-08-19 00:00:00
買う予定の収益物件が、埋蔵文化財のエリアだったらどーするか?
いつもありがとうございます。
店長の近藤です。

先日、「ヨコハマ恐竜展2017」に行ってきました。
会場には写真のような恐竜の骨や、化石の展示や
動く恐竜の展示がいっぱいありました。

会場はスキスキかと思っていたら、意外と人がいて
全然ゆっくり見る事ができませんでした。

一緒に行った6歳の娘も人の多さに、まいってしまい
「早く帰りたい」と言い出す始末です。
仕方なく駆け足で全部みて、すぐ会場を後にしました。



さて、不動産取引をしていると
重要事項説明の中で、買う収益物件が
「埋蔵文化財包蔵地」に該当している場合があります。

該当している場合は
再建築をする時に、届出を教育委員会に提出する必要があります。
そして内容により必要な事前調査をします。

調査の結果、土器や城跡や、恐竜の化石が出てくるかどうかは
分かりませんが何か出てきたら本格的な調査が始まり
しばらく建築がストップするかもしれません。

建築がストップしたら大問題ですが
あくまで再建築する時の話なので
収益物件として買って、そのまま建っている限りは特に問題はありません。

ですので、買う時に埋蔵文化財の話が出てきても
サラッと流して聞いてください。

しかし買った後すぐに、再建築する事が決まっているなら
よく検討したほうがイイと思います。



クリスティでは来社相談を受け付け中です。
大宮駅から近くなった新しい事務所にぜひ、遊びにきてください。

事務所までは駅から徒歩7分で、坂もなく平坦です。
みなさまのご来社、お待ちしております。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資のご相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。