最新情報更新日:
2024年07月20日
現在の情報登録:356
会員サイトの情報登録:2159

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年7月 >>
2
3
9
10
13
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2024-06-14 07:44:08
せっかく気に入った投資物件が、こんな事ってありますよね。

投資物件をネットで見ていると

なんか良さそうなモノが出ていて

問い合わせをしてみると、実は「〇〇」の物件だった!

 

こんな事って、よくあると思います。

 

この「〇〇」に入る言葉としては

・再建築不可だった

・違法建築だった

・全室空きだった

など。

 

これ以外にも

・傾いていた

・自殺や他殺があった

・レオパレスだった

などなど。

 

「なんか相場より安くて、良さそうだな」

と思う物件は、だいたい何か裏があります。

 

だから安い訳ですが、裏があったとしても

「それを踏まえても、やっぱりイイ!」

と思うなら、買っても問題ないと思います。

 

しかし今度は、買おうと思っても上記の

物件は、融資が出にくかったりします。

 

例えば、再建築不可の物件だと

三井住友トラストローン&ファイナンスしか

融資を出来た事が無いです。

 

それ以外は現金で、購入されてます。

 

違法建築や、全空きは

ノンバンクや信用組合がたまに融資します。

 

傾きや自殺・他殺は比較的

融資してくれる金融機関が多いです。

 

レオパレスは、信用金庫や信用組合なら

融資してくれるケースがあります。

 

こんな感じで、詳しくは物件と

お客様の組み合わせ次第となりますので

融資付けでお困りの場合は、お問合せください。

 

それでは、収益物件の融資なら

クリスティ&富士企画まで。

 


 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。