最新情報更新日:
2024年05月28日
現在の情報登録:320
会員サイトの情報登録:2108

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年5月 >>
1
2
3
4
5
7
8
14
15
21
22
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2024-04-12 10:52:38
不動産投資も「郷に入れば郷に従え」ですね。

今年のゴールデンウィークですが

人生で初上陸となる大阪に

行く事になりました。

 


 

なぜ、行く事になったかと言いますと

「大阪に行って、コテコテの関西魂が見たい!」

と中学校1年になった娘が、言ったからです。

 

そこで、大阪に詳しい営業マンに

どこに行けば、関西魂が見れるか?と聞いたところ

「大阪に着いた瞬間から、見れる」との事でした。

 

確かに、その土地に行けば

その土地の独特な雰囲気がありまよね。

 

そんな訳で、今から大阪で

関西魂を見るのが楽しみです。

 

 

さて、大阪と言えば不動産投資で

思いつくのは「敷金持ち回り」です。

 

これは関東の人には、聞きなれない言葉で

持って回るのだから「敷金を引き継ぐ」

と言う意味かと、思ってしまいます。

 

が、実は逆で賃貸物件の売買の時に

預かっている敷金を、売主は買主に引き継がない。

 

つまり売主は敷金を渡さず

「敷金の返還債務だけ持ちまわる」と

言う意味らしいです。

 

これが「関西方式」と言われるものです。

 

また、固定資産税の起算日も違うそうで

関東なら11日から日割精算をしますが

関西だと41日だそうです。

 

実際に私は関西での取引経験はありませんので

現在は、どうなっているか知りませんが

地域によって商習慣が違うんですよね。

 

まさに不動産投資も「郷に入れば郷に従え」で

地域特有の注意が必要ですね。

 

それでは、不動産投資の事なら

一応、全国の収益物件を扱っている

クリスティ&富士企画まで。

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。