最新情報更新日:
2024年03月04日
現在の情報登録:323
会員サイトの情報登録:2012

不動産購入の手引き
不動産売却の手引き
お役立ち情報
  • FlashPlayer
  • AdobeReader

本サイトをご覧いただくには、FlashPlayer・AdobeReaderが必要となります。
上記のバナーをクリックして、ダウンロードしてご利用下さい。

ニュース

<< 2024年3月 >>
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2024-02-11 06:12:24
不動産投資の営業職で、大変な事と言えば。

どの業界でも同じだと思いますが

営業職は、一般的に大変な仕事だと

思われております。

 

その中でも、数百万円や数千万円など

高額な商品を扱う、不動産の営業は

特に大変かも知れません。

 

高額な商品なので、お客様は

慎重ですし、いろいろな質問にも

答えられる必要があります。

 

そのため、不動産業界が未経験の人よりは

少しでも不動産屋で、働いていた人のほうが

有利な部分もあります。

 

扱うのが共同住宅なので

宅建の知識を持っていると

すごく役に立つ訳です。

 

でもここからが、ちょっと大変な部分ですが

扱っているのは、不動産ではありますが

不動産投資なので、それに関する知識も必要です。

 

つまり不動産投資のカナメである

金融機関情報や、融資条件の知識です。

 

初めて不動産投資をする人は、収益物件の融資が

住宅ローンと同じように、思っている事が多いですが

実際にはけっこう違っており、すごく複雑です。

 

住宅ローンなら、購入する物件が

どんな地域で、どんな築年数や構造で

土地価値はいくらぐらいで・・・。

 

など、物件概要によって融資が変わる

訳ではなくて、単純に買う人の年収で

融資が組める金額が決まってきます。

 

しかし、アパートローンはお客様の

年収、自己資金、既存借入、勤務先など

属性と言われる部分はもちろんですが。

 

購入物件の、エリア、築年、構造

利回り、地型や土地値、価格帯など。

 

これによって、使える金融機関が違ったり

融資金額、金利、期間が変わってきます。

 

このお客様の属性と物件概要の

マッチングが非常に大変なのです。

 

そのため不動産屋で働いている人でも

「不動産投資は、難しくて、よく分からん?」

と思っております。

 

そんな訳で不動産投資の事は

普通の不動産屋ではなく

専門の会社に相談する事をお勧めします。

 

それでは不動産投資の事なら

投資一筋の、クリスティ&富士企画まで。

 


 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/contents/code/consultation_form?re=1657354721

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。