首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 外国人の入居者と上手に付き合うには?

ニュース 一覧へ

2017-07-11  外国人の入居者と上手に付き合うには?

.










「外国人はお断り!!」

という物件があります。

文化の違いで何かしらトラブルが多くなってしまう…
という悪いイメージで外国人を敬遠しているのだと思います。
特に地主系の物件に多い印象です。

では、なぜトラブルが起こるのか?
一番の原因は言葉が通じないからです。

言葉が通じないため、日本での賃貸物件でのルールが理解できず、
トラブルになっているケースがほとんどです。

そんな言葉の壁をクリアにする方法が2つあります。

①自治体の外国語対応のパンフレット等を活用する方法

外国人の多い自治体だと、ゴミの分別方法のパンフレットを
各言語に翻訳した物がある場合があります。

一番問題になりやすく、伝える事が難しいゴミの分別について
母国語で翻訳された物があれば理解もしやすいかと思います。

②滞納保証の会社を活用する方法

外国人専門の保証会社があります。
そもそも「外国人専門」の保証会社という点で珍しいのですが、
色々な外国語に対応したスタッフがおり、
賃貸ルールの説明や生活態度の改善についての
指導までをサービスとして行っております。

驚きのサービスなのですが、別途有料という訳でもなく
当初の保証料の中にサービス料金が含まれているそうなので、
問題があればどんどんお願いして問題ありません。

以上の方法を使えば
上手に外国人の入居者との付き合いができるかと思います。
参考にされて下さい。

管理についてお悩みをお持ちの方は是非ご相談下さい。
不動産投資専門で20年培ってきた経験からベストなアドバイスができると思います。

もちろん、管理だけでなく、
物件探しなど不動産投資全般のご相談を承っております。

ご希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家