首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 雨の日こそ現地確認した方が良い理由をご存知ですか?

ニュース 一覧へ

2017-04-11  雨の日こそ現地確認した方が良い理由をご存知ですか?

.










本日は雨ですね。
それに春だというのに凄く寒いですね。
体調管理をご注意下さい。

雨の日は外に出るのが億劫になります。

案内の日に雨が降ったり、
予定の日の天気予報が雨だったりすると
天気が悪い事を理由にお客様から延期の連絡があったりします。

冒頭でも申しましたが、天気が悪いと外出するのが億劫になるので、お気持ちは分かります。

ただ、それはもったいないです。

なぜなら、雨の日にしか見られない物件の一面があるからです。

〇雨どいから雨水が滴っていたり
〇廊下に雨水が溜まっていたり
〇2階廊下から1階に見ずが滴っていたり

上記の様な事が分かります。
でもそれは、雨の日で無ければ分かりません。

正直、上記の事例だと雨漏りなどとは違うため緊急を要する事ではありません。
ただし、気付かずに放っておくと入居者の満足度を失う恐れがあります。

先に気付く事ができれば、オーナーチェンジ後すぐに対処ができ、
入居者の満足度を上げ長期入居を実現できるかもしれません。

上記は大げさな例かもしれませんが、晴れだと分からない一面が見られるので、
雨の日はお億劫だからと現地確認を見送らず、雨の日だからと積極的に現地を見に行くくらいが良いと思います。
参考にされて下さい。

クリスティでは物件探しなど不動産投資全般のご相談を承っております。

ご希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家