首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > いよいよ融資が厳しくなってきました。

ニュース 一覧へ

2017-03-28  いよいよ融資が厳しくなってきました。

.












まもなく3月も終わり新年度が始まります。

そんな年度末の忙しい中で地方物件に強い政府系の某公庫の
融資が厳しくなってきました。

つい2ヵ月ほど前までは築古の木造物件に
少なくとも15年の融資期間が出ておりましたが、
3月になり耐用年数切れは期間10年と言われ出しました。

更に、これまでは場合によってはフルローンの取組もやっていましたが、
今後は最低でも1割程度の頭金が必要になる様です。

全くもって融資が出ないという訳ではありませんが、
CFを生み出すための融資条件とかけ離れた内容なので
投資物件を購入するのに使える融資ではなくなったと思います。

それによって何が起こるか...
地方築古の物件への融資付けが難しくなるため
すぐにではありませんが、徐々に価格にも反映されるかもしれません。

では、値段が下がるまで待ってみよう!...
それは正解ではないと思います。

価格が下がっても、融資ができなければ買えません。
物件が安い時は融資が出なく、売れないから安いのです。
待っても結局買えない可能性が高いので、
今受けられる融資の組み立てでCFが出るのであれば今買うべきです。
参考にされて下さい。

では、某公庫が厳しくなった今、
地方の物件への融資を出している金融機関はどこなのか?
それについては来社相談をご活用下さい。
融資だけでなく、物件探しなど不動産投資全般のご相談を承っております。

ご希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家