首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 収益物件に対する融資の移り変わりは、非常に早いです。

ニュース 一覧へ

2018-12-09  収益物件に対する融資の移り変わりは、非常に早いです。





















いつもありがとうございます
店長の近藤です。
最近、スープカレーにハマっています。

なぜハマってしまったかと言いますと
軽い気持ちで「カレーハウスCoCo壱番屋」の
スープカレーを食べたら、それがすごく美味しかったからです。

そしてその日から、スープカレーばっかり食べております。

先日は、会社の近くにある「カレー食堂 心」で上の写真の
「14種野菜と骨付きチキンのスープカレー」を食べました。
これも美味しかったです。

私の中で12月中は「スープカレー」ブームが続くと思います。

ちなみに
11月は「豚骨ラーメン」ブーム
10月は「いきなりステーキ」ブーム
7月は「10割蕎麦」ブームで
3月は「駕籠休みの手打うどん」ブームでした。

このように1年を通して、ブームが移り変わっています。


さて、今回は融資の移り変わりの話ですが
世間的には、融資は厳しくなっていますし
この事は、よく耳にする方も多いと思います。

しかし、厳密には
・厳しくなった金融機関と
・あまり変わっていない金融機関と
・むしろ積極的になった金融機関があります。

そして、この移り変わりがけっこう早いです。

クリスティでは仕事がら、融資の動向には敏感なので
その状況に応じて物件と、お客様との融資アレンジをしております。

こんな話は電話だと、なかなかできないので
お時間ある方はぜひクリスティまで、来社相談にきてください。
きっと役立つ情報が聞けると思います。

それでは、不動産投資の事ならクリスティまで
ご相談を希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家