首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 中古アパートで、傾きの疑いがある場合はどうするか。

ニュース 一覧へ

2018-06-10  中古アパートで、傾きの疑いがある場合はどうするか。

.




















いつもありがとうございます。
店長の近藤です。

まずは上の写真をご覧ください。
これは「エビスの水平器」と言う物で
建物の傾きなどをはかる時に使います。

試しにクリスティの事務所の床に置いてみました。
右の写真ですが、ちょっと南側に傾いているようです。

でも1年ぐらいこの事務所で働いていますが
あまり傾きを感じた事はありません。

もしかして私はちょっと鈍感なのかも知れません。

一般的に中古の物件は
多少の傾きがある可能性があります。
または、傾ている気がしたりします。

原因は地盤が軟弱で本当に基礎から傾いている場合と
室内のリホームなどで、フローリングの張り方が悪くて
その部分だけ傾きがある場合と、いろいろあります。

ここで、地盤が軟弱なのが原因だと
傾きを直すは、かなりの手間と費用がかかります。

でも室内施工が悪くて傾いているのであれば
やり直せば直る可能性が高いです。

あと、傾いていると言うのも「単なるウワサ」があるだけで
実際は傾いてなかったりします。

私は誰かが「あの物件は傾いてらしい」と
聞いても全然、信用しません。

ただ確かめるために、建築・土木・DIYなど幅広い分野で
信頼性が高いと言われている
「エビスの水平器」持っていって、現地ではかるだけです。

その結果みて、
・やっぱり傾いている、とか
・実際は傾いていなかった
と判断します。

それに、もし本当に傾いていたとしても
入居者がすでに住んでいて、それなり安く買えて
収益が出るのであれば、収益物件としては良いと思います。
そんな感じで、中古のアパートを見てはいかがでしょうか?

それでは不動産投資の事ならクリスティまでご相談ください。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資の相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家