首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 収益物件にありがちな、道路のセットバックについて。

ニュース 一覧へ

2018-04-13  収益物件にありがちな、道路のセットバックについて。

.




















いつも、ありがとうございます
店長の近藤です。
上の写真はクリスティ事務所の、近くの光景です。

これを見ると、たぶん最近話題の
所有者不明の空家かな?と思うかもしれません。

でも、私の場合は
「再建築の時に、セットバックすると歩道が広くなるだろう。」
と考えたりします。

今回の写真のケースはたぶん違いますが
不動産取引をしていると、前面道路の種類で
「42条2項道路」と言うものがあります。

これは再建築時に、セットバックが必要な道路です。

つまり道路幅が2mだったり、3mだったり
現状では4mないので、再建築する時に
自分の土地を道路に提供して、道幅を広げなくていけません。

その時に基本となるのが、道路の中心線です。

例えば、現状の道路幅が3mなら1m足りないので
道路の北側の家と、道路の南側の家が1mの半分の50cmずつ
土地を提供する事になります。

でも道路の中心線がすでに、決まっている場合と
再建築する時まで、ハッキリしない事があります。

ですので、単純に現状の道路の半分あたりの位置が
中心だと思うと、実際は違う場合があります。

また道路が私道だと、道路の所有者たちが
集まってそれぞれの熱い主張を言い出し
その結果、思ったところより4cmずれたりする事もあります。

だれでも、自分の土地が道路になるのは嫌なので
熱くなるのも無理はありませんが・・・。

それでは、不動産投資の事ならクリスティまで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資の相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家