首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 収益物件がシロアリに喰われると、どーなってしまうのか。

ニュース 一覧へ

2018-03-17  収益物件がシロアリに喰われると、どーなってしまうのか。





















いつも、ありがとうございます
店長の近藤です。

先日、朝のジョギング中に
すごく弱っている切り株を見つけました。

ほかの切り株は元気な感じなのに
この木だけ、なぜ荒れ果てているのか?

ちょっと考えて、切り株を蹴ってみたら
ボロボロっと崩れてきました。

そうか!
たぶんこの木だけ、シロアリにやられているのです。
よく見ると、シロアリが木を食べた時にできる縦の模様がありました。

しかし、シロアリに喰われるとこんなにモロくなるのか?と言うぐらい
ボロボロでした。シロアリって怖いですね。

さて、中古の木造物件の仲介をしていると
たまにシロアリ被害があります。

内容としては
数年前にに被害があり、すでに防蟻処理をしてあったり
売買契約して引き渡しまでの間に、発見されて売主さんが防蟻処理したり
引き渡し後、1年ぐらいたち
退去した部屋をリフォームしていたら、実は被害あったり・・・

イロイロあります。

シロアリの習性を調べると、振動や通風を嫌うので
入居者している部屋は被害がおきにくいと考えられます。

または被害があっても、比較的小さい事が多いです。
だからあまり深刻な状態になる事は少ないと思います。

しかし、長期に空いている部屋は振動や通風がないので
一度シロアリが来てしまうと、かなりやられてしまうことが多いです。

とくに戸建の空き家は、何度もシロアリ被害を見たことがあります。
ですので、皆さんもその辺を意識して物件選びをするとイイと思います。

それでは、不動産投資の事ならクリスティまで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資の相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家