首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 古い収益物件を買って大丈夫なのか?

ニュース 一覧へ

2018-03-05  古い収益物件を買って大丈夫なのか?

.



















いつも、ありがとうございます
店長の近藤です。

現在、私は45歳ですが毎朝走ったり
たまにスキー場に行ってハーフパイプで飛んだりしてます。
そんな訳で、気持ちはまだまだ若いつもりです。

でも、やっぱり45歳なので若い頃に比べると
息が切れたり筋肉痛が、なかなか回復しなかったりします。
こんな時は「オレも年を取ったな~」と思います。

まあ45歳なんて、そんなもんですよね。
でも収益物件で45年経過しているとどうでしょうか?

当社では築古の収益物件の取引が多く
特に多いのは昭和60年から平成初期の
30年ぐらい経過した物件です。

よくお客様から、築30年の物件を買うのはいいけど
「あと何年くらい、耐えられるもんですか?」と聞かれます。

その時私は「オーナーの手入れしだいです」と答えます。

つまり、築30年でも築40年でも
所有しているオーナーがどこまで修繕してきたか?で
かなり変わります。

都内では築40年とか、築50年の木造物件が
よくありますが、手入れがしっかりされているものは
入居も付いて、問題なく運営されています。

だから古くても、問題無いと言えますし
老朽化して使えなくなったら土地として売れば良いと思います。

ですので築古の場合は、建物のメンテナンス状態も重要ですが
土地の価値も気にした方が安心だと思います。

それでは、不動産投資の事ならクリスティまで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資の相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家