首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 売りアパートを検討する時に、家賃を引き直すか、現状の家賃で考えるか?

ニュース 一覧へ

2017-12-02  売りアパートを検討する時に、家賃を引き直すか、現状の家賃で考えるか?

.



















いつも、ありがとうございます
店長の近藤です。

先日、今年こそ年末年始は海外に行こう!
と費用を調べておりました。
料金を見て「やっぱり高い!」と思いました。

上の写真のように
「飛行機に乗って、南の島でのんびり」なイメージしておりましたが
値段が高すぎて近場で、おとなしく過ごす事にしました。

せめて通常料金ならいいのですが
普通料金の1.5倍から2倍ぐらいしますよね。
時期が違うだけで、こんなに変わるなんて・・・。

毎年、年末年始を海外で過ごす人って
テレビでたくさん見ますが、ホントお金がありますよね。
私にとっては夢のまた夢って感じです。


さて、海外旅行と同じように収益物件も
時期によって金額が違います。
ここで言う金額は家賃の話です。

一般的に入居する時期が2月や3月だと家賃が高いです。
また長い間住んでいる部屋も、ほかの部屋と比べると
家賃が高い場合が多いです。

要は入居時期の違いが、家賃の違いです。

【ここで問題です!】
例えば、あるアパートが売りに出て
間取りが全室同じなのに、家賃が下記の通りの場合があります。
101号室:56,000円
102号室:60,000円
103号室:28,000円
201号室:28,000円
202号室:35,000円
203号室:28,000円
6室合計:235,000円

この家賃を見て、どう思うのか?

【Aさんの答え】
今の家賃相場は、28,000円だから家賃を引き直すと
このアパートの収入は168,000円と考えた方がいいな。
そう考えると、このアパートはあまりお買い得ではない。

【Bさん答え】
今の家賃相場は、28,000円だけど101号室と102号室の
現状家賃は相場の2倍取れている。
この2室を退去させないように対策をすれば、1室で2室分の家賃がずっと取れる。
つまり6室のアパートだけど8室の家賃が取れる。
でも物件価格は6室の値段なので、なんてお買い得なアパートなんだ。

Aさんと同じ方が多いですが、たまに
Bさんと同じ方がいます。
人によって、考え方が全く違いますね。

みなさんは、いかがでしょうか?


クリスティでは不動産投資の相談を受付中です。
ご相談をご希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資の相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家