首都圏の最新不動産投資情報サイト > ニュース一覧 > 売りアパートを買う時の、瑕疵担保責任とは?

ニュース 一覧へ

2017-07-28  売りアパートを買う時の、瑕疵担保責任とは?

.



















いつもありがとうございます。
店長の近藤です。

先日、朝のジョギングをしていると
いつの間にか、建築中の物件が完成しておりました。

新築であれば、買ってからすぐに雨漏りや給排水の故障など
いわゆる「瑕疵が実はあった」と言う事はないと思います。

しかし我々が扱っている中古物件だと
いつ、そのような事が起こるか分かりません。

一般的に中古アパートの取引で瑕疵に該当するのは
・雨漏り
・シロアリ
・給排水の漏水
・主要な木部の腐食
などです。

売主さまが、瑕疵担保責任を負う契約になっていて
契約書で定めた期間内に、上記の事が確認できた場合、
売主さんの費用で直してもらいます。

そういう契約になっていれば請求できますが、クリスティのお客様の場合
「瑕疵担保責任は無くていいから、価格を下げて欲しい」と
言ってくる方が非常に多いです。

これはアパートを買う目的が
自分で住む訳ではなく、収益を出す事だからだと思います。

そのため
・現状有姿
・売主さまの瑕疵担保免責
・境界の復元なし
の条件で契約することになります。

この条件で、契約をするのが良いのか悪いのかは
お客様のこだわりの問題なので特にコメントはありませんが
私も安ければいいので瑕疵担保無しなど、上記の条件でアパートを買いました。

でも初めての収益物件購入で瑕疵が心配の場合は
瑕疵担保責任を付けてくれる売主さんの
物件を買えばイイと思います。


そのほか不動産投資でご不明な事は、クリスティまでご相談ください。
ご希望の方は0120-11-4530まで電話を頂くか
この下にある青色の「投資に関するご相談」をクリックして
その次に出てくる「無料!!個別相談はこちら」をクリックして
「ご相談内容」のところに「不動産投資のご相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。

ニュース一覧に戻る

  • プレミアム会員登録
  • 不動産投資相談
  • 物件リクエスト
  • 収益物件査定
  • 投資物件アピール
  • 売りアパ情報館
  • 建美家